私たちの

取り組みにつて

一般社団法人 パラ・アーティスト・マネージメント協会
概要

・障害と社会を芸術で結ぶ・全ての人が同じ舞台で共に分かち合う
・障害があっても高齢でも大人でも子供でも生まれてくる作品に優劣はありません。

ボーダーをなくした取り組みが
「インクルーシブ」
「ボーダレスミュージック」
「ボーダレスアート」
「ユニバーサルミュージック」
「ユニバーサルアート」

活動内容

1・・・音楽・アートイベントマネージメント事業
2・・・音楽・アートコンクール事業
3・・・就労支援「ハミング」カフェ運営マネージメント事業
4・・・アート作品商品化事業
5・・・音楽・アート活動家登録による啓発事業
6・・・認知症のためのアートプログラム企画
7・・・TOMATIS IMトレーニング推進事業

彼らはダイアモンドの原石

芸術は障害の垣根を超え、全ての人にあらゆる表現をさせてくれます。生まれた作品は平等です。人々は既成概念や、固定概念で動かされています。

そのため、本来の人が持つ美しい心が、何かにけがされたり、何かに妨害されたりして、素直に自分を出せないことが大半です。


しかし、彼らが作品制作や演奏に向かうときは、どの作品もストレートに彼らの魂が入り 見ている人の琴線に触れます。感動します。また、彼らは芸術に触れることが「好き」という理由ひとつで、なんとか取り組む一心な姿は、見ている人に感動を与え、人間の力の凄さを見せつけられます。


人は本来の姿を見失っています。自分が誰であり、自分が何がやりたくて障害がある事で、小さい時からすべてのことに区別され、自然に自分は人と違うんだ、という考え方を受け入れざるを得ない現実を芸術は払拭します。


すべての人は「ダイヤモンドの原石」です。PAMは原石を磨きます。その輝やく姿は、全ての人に感動を呼びます。感動は幸せを呼びます。

法人情報

1.2020年に「NPO法人響愛学園」設立10周年を迎えるにあたり、彼らの才能の発掘の場所を、全国、また世界へ、今後さらに広げていく取り組みを推進する目的で発足。


2.2018年12月21日発足


2.組織構成


代表理事 児島真里子(NPO法人響愛学園理事長)
  理事 芹川亜紀子 (NPO法人響愛学園理事及び事務局長)
  理事 鈴木 学 (NPO法人響愛学園理事及びアート講師)

芸術を通して誰もが輝ける場所を目指して

パラ・アーティスト・マネージメント協会(PAM)では、
何らかの障がいをもった方を対象に、音楽やアート活動を通して、素晴らしい才能を見つけ出し、
活躍の場所を広げられるようサポートしております。

パラ・アーティスト・マネージメント協会
愛知県一宮市時之島妙光寺6-1

Copyright © para artist management All Rights Reserved.