What’s newお知らせ

川上昌裕先生 講習会アーカイブ販売のご案内


辻井伸行さん、紀平凱成さんを指導した川上昌裕先生のセミナーアーカイブ動画を販売することとなりました。
ご興味のある指導者の方にすぐにでも実践していただける内容となっております!

https://twitter.com/PAM_institution/status/1636659120072978433?s=20

以下詳細です♪



=プログラム・内容=

▶︎ 第1部 才能の見つけ方、伸ばし方
・辻井伸行さんとの出会い
・最初の指導
・メディアとの関わり方
・到達点・目標の設定の仕方(ショパンコンクールへの挑戦)
・音楽へのモチベーション作り、声かけ
・褒める指導について
・指導者が意識するべきこと
・曲選びについて
・紀平凱成さんについて
・本人に合わせた指導とは
・自分のオリジナリティを見つける
・質問コーナー「スタッカートの指導について」

▶︎ 第2部 公開レッスン すぐに実践!現場で役立つ指導法
モデルピアニスト・小柳拓人さん
課題曲①:ラフマニノフ / 前奏曲『鐘』Op.3-2
課題曲②:カプースチン / 8つの演奏会練習曲Op.40-6『パストラール』

=アーカイブお申し込みについて=

▶︎お申し込み方法
ご購入希望の方はGoogleフォームにて情報をご入力ください。
※お申し込みは2023年4月30日までとなっております。ご検討されている方はお早めにお申し込みください。

▶︎アーカイブ視聴料:3,000円
・視聴料はPaypalもしくはお振込みにてお支払いください。振込手数料はご負担ください。
・入金確認後3月中旬頃に、ご入力頂いたメールアドレス宛にアーカイブを送付させて頂きます。
※アーカイブ動画の視聴期間は2023年5月31日までとなっております。ご注意ください。

●お振込み先
銀行名:三菱UFJ銀行
支店:一宮支店
口座種別:普通
口座番号:0103072
口座名義:特定非営利活動法人響愛学園 理事 島田真里子

=プロフィール=

▶︎講師・川上昌裕
1965年5月生まれ。北海道旭川出身。東京音楽大学ピアノ演奏家コースを首席で卒業。
ウィーン・コンセルヴァトリウムに入学。ディアンコ・イリエフ氏に師事。ウィーン・コンセルヴァトリウムを首席で卒業。
ウィーン国立アカデミーのトイフルマイヤー教授のもとでさらに研鑚を積む。
東京文化会館、紀尾井ホール、カザルスホール、東京オペラシティー、サントリーホールなど東京の主要ホールでリサイタルを行うほか、全国各地でピアノデュオ、室内楽、オーケストラとの共演などで活躍。
NHK『FMリサイタル』、『名曲リサイタル』、『名曲アルバム』をはじめ、音楽番組への放送出演多数。CDはこれまでに9枚をリリース。
著書に、『カプースチン~ピアノ音楽の新たな扉を開く』、『ピアニストは、進化する』(ヤマハミュージックメディア)などがある。
2009年ヴァン・クライバーンコンクールで優勝したピアニスト辻井伸行を12年間にわたって指導し育てた先生としても知られ、NHK『心の遺伝子』に出演。ほかNHK『クローズアップ現代』、BS朝日『世界の辻井伸行 奇跡の扉を開いた10年の軌跡』など、テレビやラジオの番組をはじめ多くのメディアに取り上げられた。
全国で100回を超える公開講座、公開レッスン、ピアノセミナー、講演会、執筆活動を行なうほか、国内外のコンクール審査員、音楽祭やマスタークラス講師として招聘されている。
現在、東京音楽大学准教授。

川上昌裕先生のホームページはこちら

▶︎モデルピアニスト・小柳拓人さん
自閉症のピアニスト。1994年生まれ、特別支援学校卒業。幼少時は多動で奇声を発する中、唯一音楽が流れていると落ち着いていられたことから、5才からピアノを、12才からフルートを始める。
数字やスケジュール、音へのこだわりが練習や表現の追求につながり、2012年「国際障害者ピアノフェスティバル」金賞、2015,16年「香港自閉症才能コンテスト」ベストリズム賞、2021年「Special Needs Talent Showcase」グランプリなど受賞多数。
これまでにアメリカ、カナダ、メキシコ、中国、台湾、韓国で演奏し、2019年にはCD「Takuto」をリリース。
音楽以外でも挑戦を続け、2019年知的障害者のビューティコンテスト「Specia Beauty JAPAN」グランプリ、2021年東京オリンピックでは聖火ランナーを務めた。
ピアノ演奏技能の特性を生かし、平日はデータ入力の仕事で会社員でもある。

小柳拓人さんのホームページはこちら



お申し込み、お待ちしております!