坂田 優咲 / ホルン

プロフィール・経歴

神奈川県茅ケ崎市出身。13歳よりホルンを始める。

 

「第65回ヘレン・ケラー記念音楽コンクール」第1位
「第24回長江杯国際音楽コンクール」アンサンブル部門最高位
「第1回視覚障害者のための国際音楽コンクール(台湾)」特別賞

 

青少年音楽協会主催「第70回記念チャペルリサイタル」、「第77回東京国際芸術協会新人演奏会(審査員賞受賞)」等に出演。

 

2017年、皇后陛下の御前にて、モーツァルトのホルン協奏曲第3番を演奏。
2021年、シェーナークライスフィルハーモニー管弦楽団とハイドンのホルン協奏曲第2番で共演。
ホルンを大見川満、勝俣泰、福川伸陽、日橋辰朗の各氏に師事。
ダリウシュ・ミクルスキ氏のマスタークラスを受講。
ソロ、室内楽、吹奏楽、オーケストラ等の活動のほか、後進の指導も行う。

 

筑波大学附属視覚特別支援学校高等部音楽科及び東京音楽大学(初の点字入学)器楽専攻卒業。
視覚障害音楽家による演奏団体「Dominant」主宰、「コバケンとその仲間たちオーケストラ」メンバー。