第2回PAMアーティストコンサート

~光る演奏、聴く輝き~

今回で2回目となるPAMアーティストコンサートでは、視覚障がいを持つ方をメインとしたコンサートです。

 

大人だけでなく子どもたちにも、広く視覚障がい者の方への理解を深め、全ての人が生きやすい社会づくりのための一躍を担うことを目的としています。

アーティスト紹介

1部 – 演奏

【ゲスト】

トロンボーン 鈴木 加奈子

トロンボーンソリストとして、各地で演奏活動を展開中。
オリジナル曲を多数制作し、2枚のソロアルバムをリリース。
生まれつき視覚にハンディがあり、盲導犬と共に積極的に活動中。
昭和音楽大学(弦・管・打楽器部門)を首席で卒業。
第7回ゴールドコンサートにて、楽曲賞受賞。
ドキュメンタリー番組や映画、CMなどにも出演。
テレビ番組への楽曲提供も行う。
近年では、演奏活動の傍ら、ブラインドメイク講師としても活躍し、2017年に発売された『ブラインドメイク物語』の中では、自身の人生についても執筆。
タイ国営放送へのテレビ出演、中国の世界音楽文化博物館でのソロ演奏など、世界にむけた活動も開始。
http://born-music.com/
https://caremake.jp/

ピアノ 桑原 良恵

全盲ピアニスト桑原良恵  クワハラヨシエ
岐阜県出身。
様々な障害をもって生まれ、4歳で失明。7歳からピアノを始め第48回全日本盲学生音楽コンクール、ピアノ部門にて第1位を受賞。
岐阜県立盲学校、大阪府立盲学校音楽科を経て、名古屋芸術大学短期大学部音楽科を卒業し現在に至る。
2007年世界人権週間にニューヨーク国連本部やカーネギー・ホールにて演奏を披露。
同年、岡山フィルハーモニック管弦楽団との共演を果たす。2009年国際障害者ピアノ・フェスティバル in バンクーバーにて銅賞を受賞。
2011年には国際障害者ピアノ・フェスティバル in タイ、シンガポールにて受賞者記念コンサートに参加。同年3月、岐阜県知事芸術文化奨励賞を受賞。
2012年「ぎふ清流大会」岐阜県選手団激励会や2015年の「全国育樹祭」懇談会で皇太子入場演奏を務める。

ピアノ 兵藤 崇彦

5歳より鈴木メソッドにてピアノを始め、卒業制度によって高等科まで終了。
その後は精神症状による車椅子生活などによる幾度のブランクを経て数年前よりピアノを再開。
杉野みゆき先生、福岡拓歩両先生に師事。
近年の受賞歴等
2020年10月開催のワクワクピアノフェスティバルにてピアニスト,小原孝氏より好評を得る。
2021年12月に奈良で開催のあおによしコンクール一般ステージピアノ部門にて第1位。

2022年5月第1回 Para 国際音楽コンクール

Gold 賞 ~グランプリ~受賞 ~悟平賞~受賞

現在大阪市内の会社に勤務しながら日々の研鑽を積んでいる。

PAMアーティスト】

ピアノ 藤吉 乙羽

愛知県出身。網膜芽細胞腫により、幼少期に全盲となる。
5歳よりピアノを始め、筑波大学附属視覚特別支援学校高等部音楽科、国立音楽大学演奏・創作学科鍵盤楽器専修卒業。これまでに熊代治子、永山香織、浜尾夕美、野原みどりの各氏に師事。
J. クロプフィチュ氏、福間洸太朗氏の特別レッスンを受講。
2011年・2012年「ヘレンケラー記念音楽コンクール」第2位(ともに1位なし)。
2018年「愛知ピアノコンクール」ソロ部門金賞。2019年「大阪国際音楽コンクール」ファイナル入選。
「台日視覚障害音楽家交流コンサート」(2018年 台湾)、「読売中部新人演奏会」(2021年)をはじめ、ソロや伴奏にて多数演奏会出演。
2019年度より野村学芸財団奨学生。2018年度大学女性協会社会福祉奨学生。
2018、2019年度山田貞夫音楽財団奨学生。
現在、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程にて音楽教育を専攻しながら、演奏の研鑽も積んでいる。

ホルン 坂田 優咲

神奈川県出身。13歳よりホルンを始める。

「第65回ヘレン・ケラー記念音楽コンクール」第1位、「第24回長江杯国際音楽コンクール」アンサンブル部門第2位(最高位)。

青少年音楽協会主催「第70回記念チャペルリサイタル」、「第77回東京国際芸術協会新人演奏会(審査員賞受賞)」等に出演。

2017年、現上皇后陛下の御前にて、モーツァルトのホルン協奏曲第3番などを演奏。

ホルンを大見川満、勝俣泰、福川伸陽、日橋辰朗の各氏に師事。ダリウシュ・ミクルスキ氏のマスタークラスを受講。

ソロ、室内楽、吹奏楽、オーケストラ等の活動のほか、小中学校での指導も行う。

また、2018年には視覚障害音楽家による演奏団体「Dominant」を立ち上げ、以後定期的に公演を行っている。

コバケンとその仲間たちオーケストラ、シェーナークライスフィルハーモニー管弦楽団各メンバー。

筑波大学附属視覚特別支援学校高等部音楽科及び東京音楽大学(初の点字ユーザー)器楽専攻卒業。

現在、同大学院音楽研究科科目等履修生。

2部 – 講演

社会福祉法人 中部盲導犬協会

中部盲導犬協会は視覚障害者の「社会参加の促進」と「安全な歩行」を目的として、中部地方を中心に視覚障害者へ盲導犬を無償貸与しています。

 

・社会福祉法人 中部盲導犬協会 盲導犬総合訓練センター
・〒455-0066 愛知県名古屋市港区寛政町3-41-1
・TEL 052-661-3111
・中部盲導犬協会HP

http://www.chubu-moudouken.jp/

3部 – 合唱

合唱団「CHOIR DEEP SOUL(コールディープソール)」

私達に潜在する深き魂を呼び起こし、音楽として表現する事を願って設立した合唱団
今年で7年を迎え、仏教音楽を中心に演奏活動をしています。
2018年には、光圓寺 親鸞聖人750回御遠忌にて、音楽法要を勤め、その他 合唱祭 お寺での法要にて演奏など。
多くの方に仏教音楽を聴いて頂きたいと考えています。

視覚障がいのアーティストたちによる演奏の輝きをどうぞお楽しみください。

日にち:2022年9月18日(日)
開 演:13時30分(開場:13時00分)
場 所:名古屋市中川文化小劇場

 

チケットはチケットぴあにてお買い求め頂けます。
(Pコード:221387)


●A席:3,000円 (高校生以下1,000円)
●S席(サポートチケット):5,000円 (高校生以下2,000円)

 

※障がい者手帳をお持ちの方はチケット料金が半額になります。
※A席、S席ともに自由席となっております。
※サポートチケットとは、通常のチケット料金に加え、PAMアーティストが活動するために必要な費用をご支援いただくためのチケットです。

一般社団法人パラ・アーティスト・マネージメント協会
愛知県一宮市時之島妙光寺6-1