What's new

イベント&
お知らせ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. パラ・ミュージック・デイ
  4. 第1回PAMクラシック・フェスティバル 出演者第二次募集開始のお知らせ

第1回PAMクラシック・フェスティバル 出演者第二次募集開始のお知らせ


皆さま、第1回PAMクラシック・フェスティバルに多数のご応募ありがとうございました!
ご応募していただいた皆さまに当日お会いできること、楽しみにしております。

第1回PAMクラシック・フェスティバルは、定員にまだ数名余裕がございますので第二次募集を開始いたしました。

第二次募集期間:12月25日(日)まで

引き続きたくさんのご応募お待ちしております!

なお数名しか空きがないため、定員になり次第募集終了とさせていただきます。
ご検討されている方はお早めにご応募ください。

PAMクラシック・フェスティバルとは

パラ・ミュージック・デイ〜あなたも主役に〜 第一部 第1回PAMクラシック・フェスティバルは、参加型のコンサートとなっております♪

ピアノや管楽器、弦楽器、声楽など総勢20名のアーティストたちが演奏を披露!
演奏者だけでなく会場のお客様も審査員となり、会場に居る全員で作り上げる誰もが主役になれるフェスティバルです。

全国の演奏家の方々にぜひ参加していただきたいと思っております。
詳細は下記のようになっております。


第1回PAMクラシック・フェスティバル  in Kobe 募集要項

【開催趣旨】
多様性を受け入れる社会になりつつある今こそ、「音楽を通して表現する障がい者の無限の可能性と魅力を発信し、社会の中で生き生きと活躍する場を広げる時である」との思いから、PAMクラシック・フェスティバル in Kobeを開催します。

【目的】
知られざる障がい者アーティスト達を発掘・育成・発信していく事を図り、彼らの特性や個性を活かした音楽活動や講演会などの機会を創造していくことにより、多様性のある社会の実現に貢献する事を目的とします。

【出演者募集要項】
当フェスティバルは、音楽を愛する障がいのある演奏家であれば参加できます。演奏技術のレベルは問いません。

(開催期間・日程)
2023年 2月 12 日(日) 開場13:30 開演14:00
場所:神戸新聞 松方ホール(神戸市中央区東川崎町1-5-7 神戸情報文化ビル4階)
14:00~16:10 第一部 第1回 PAMクラシック・フェスティバル  in Kobe
16:30~18:00 第二部 パラ・ミュージック国際シンポジウム 2023
18:20~19:30 第三部 第1回Para国際音楽コンクール 入賞者ガラ・コンサート

(参加資格)
真摯に音楽を学び、研鑽に精励している方で、かつ心身に障害のある方。
国籍および年齢は問いません。

(対象楽器と演奏時間
楽器:ピアノ、管打楽器、弦楽器、声楽など(ピアノ伴奏付も可)
演奏時間:5分以内 ※オリジナル曲可、ただしクラシックを基調とした曲であること

(出場参加費用
10,000円(チケット3枚分含む)
※PAMアーティストは7,000円(チケット3枚分含む)
※出演者の方も会場に入られる際は、チケットが必要になります。

(出願方法
Googleフォームで必要事項を記入して送信
事務局で内容を確認させていただき、先着20名ほどの出演者を決めさせていただきます。
その後事務局より出演決定の通知をさせていただきますので、参加費の納入はその際にお願いいたします。
ご出演の順番はこちらで決めさせていただきます。
またご応募いただいても、すでに定員を満たしており参加できない場合もありますのでご了承ください。

(お申し込み
下記URLより「応募フォーム」をご利用いただけます。
必要情報をご入力ください。

【応募締め切り】
第二次募集 2022年 12月25日まで

(ただし定員を満たし次第、募集終了となります。募集終了案内はPAMホームページやSNSをご参照ください。)

(賞について)
「聴衆賞」… 会場で聴いていただいているお客様が審査員となり投票を行います。
投票数が一多い方に「聴衆賞」が授与されます。
「聴衆賞」を受賞された方は、第2回Para国際音楽コンクール予選通過権を獲得する権利が与えられます。

主催: パラ・アーティスト・マネージメント協会 (PAM)
お問い合わせ : TEL 070-5259-0992(平日10:00~17:00)
         Mail info@para-artist.org 

#パラアーティストマネージメント協会
#パラミュージックデイ
#パラアーティスト #マネジメント #マネージメント
#ミュージック #音楽
#コンクール #コンサート
#障がい #障がい者 #障がい者支援
#artist #PAM
#自閉症 #自閉症コンサート #視覚障がい #ダウン症

関連記事